解体工事の予算を考え、業者選びをするために

居抜きについて

賃貸物件におけるスケルトンと居抜き

解体工事の予算を考え、業者選びをするために
不動産業が扱う賃貸物件の中には、居住用のアパートやマンション、一戸建てといったものの他に、主に店舗や事業所など、商用目的で使用するためのものがあります。
こうした物件はビルのワンフロアを利用したものや、マンションなどの1階部分を使用するテナントの他、一戸建てのように居住も兼ねたものもあります。
事業を始める際や、ショップなどをオープンする場合にはこうしたテナントなどを利用する必要がありますが、その形態により、使用するまでにかかる時間や費用が変わってきます。
従来から店舗などに使用されていて、壁や壁紙、床材などを前の店舗のまま使用する居抜き物件と呼ばれるものがあります。これは飲食店などに多く見られますが、フロア部分と厨房部分、トイレなどのレイアウトをそのまま残しており、場合によっては家具や什器、カウンターといったものまで残しているものもあります。そのため、入居者は開業にあたって内装工事を大幅に省くことができ、また店舗のレイアウトを決めるための設計などの必要なくなります。こうしたことから、設備や工事費など、開業にかかる初期費用を大幅に削減することができ、また、前の店舗の知名度から、宣伝や広告効果も期待できるものとなっています。
これに対し、スケルトン物件と呼ばれるものは、建物の基礎部分のみが残されたプレーンな状態で貸し出すものです。そのため、給排水や電気の配線といったものから入居者が用意する必要があります。基本的には内装工事一式が必要となり、初期費用にかかる金額も大きいものとなります。
しかし、スケルトンの場合、店舗内のレイアウトを自由に設計することができるため、使用目的や用途に合わせ、細かいところにまで制限なく工事を行うことができます。また、プレーンな状態の為、DIYでこうした内装工事を行う人も少なくありません。
給排水や配線といったものも一から施工しますので、必要な場所に必要な量の設備を追加することもでき、より個性を出した店舗を作ることが可能です。
入居から開業までの迅速さや手軽さは居抜きの方がメリットが多く有りますが、スケルトンは店舗計画をより綿密に立てることができるため、店舗の完成度の高い物を作ることが可能です。
また、こうしたスケルトンの場合、退去の際にまたスケルトンの状態に戻す必要があるため、それを踏まえて工事計画や施工を行う必要があります。特に給排水設備や配線などは注意が必要な部分となります。

Copyright(c)2014 解体工事の予算を考え、業者選びをするためにAll Rights Reserved.