解体工事の予算を考え、業者選びをするために

スケルトン工事をDIY

住宅のスケルトン工事をDIYで行う方法

解体工事の予算を考え、業者選びをするために
居住している住宅によっても異なる部分となりますが、例えばマンションなどにお住まいの方の場合では、鉄筋コンクリートで作られていることが多く、一戸建て住宅に多く見られるような2階建てではない状態の物件がメインとなるために、スケルトン工事を行う場合ではDIYとして所有者が自ら行うことも不可能ではありません。スケルトンとはコンクリートの床面と、天井、そして壁面を何も無い状態にまで解体することを目的としているもので、マンションの場合では例えば間仕切りなどが設置されている構造が多く見られるために、間仕切り部分も解体することが必要とされています。スケルトン状態に解体をするためには、まずは室内に設置されている物品などを搬出することが何より大切になります。引越しなどを行う方の場合では、新しい住宅へ引越し作業を行うことで済ませることが可能になりますが、スケルトン状態にした後に、リフォームなどを行ってそのまま居住することを必要としている方の場合では、短期間で借りることのできる賃貸住宅などに移動したり、運びきれない物品に関してはレンタル倉庫などを借りて、一時的に保管することもおすすめです。また、不用品などを持っている方の場合では、リサイクル店や買取り専門業者などを活用することによって、便利に室内を片付けることが可能になります。DIYでスケルトン工事を施工する際には水道やガスなどのライフラインを止めることが必要になるケースも多く、事前に各会社に問い合わせを行って閉栓してもらうことがお勧めです。しかし、解体工事中に水や電気を必要とする場面もあるために、DIYの方法を事前に確認することも必要です。例えば電動工具などを用いる場面では電気を必要としているために、最後まで使用できる状態にしておくことも大切になります。マンションの解体では天井部分ではクロスなどを剥がして木材を取り除く作業が必要です。床面も同様にフローリングの場合では電動工具を用いて剥がす作業を行うことでスムーズに作業を進めることができます。また、洗面所やトイレ部分などにタイルが用いられている場合では、ハンマーとタガネなどを利用して破壊することも可能になります。浴室などはユニットバスが用いられていることが多いものですが、樹脂製のタイプのものでは電動工具のグラインダーなどを用いて施工する方法も用意されています。建具として各種ドアや引き戸などに関しては、一般的には簡単に取り外し行うことができるために、材質によって適切に廃材処理を行うことが必要になります。

Copyright(c)2014 解体工事の予算を考え、業者選びをするためにAll Rights Reserved.